GAM Pay 菅野 けい 検証レビュー

GAM Pay その他
GAM Pay

キャッシュレス決済ツールのようですが、それだけではなく、貯金してるだけで10%の毎日増益が可能という謳い文句が目につきます。

気になるその内容について、評判を見ていきましょう。

GAM Pay
GAM Pay

特定商取引法に基づく表記

GAM Payとは?

「GAM Pay(ガムペイ)」ウォレットに入っている1万円分の残高は、「GAM Pay(ガムペイ)」ウォレットが使えるお店などの場所がないと、全く価値がありません。
調べてみると、今のところ使える場所は無いようですから、全く無価値の残高である、と言えます。

http://blackkite228.livedoor.blog/archives/13387495.html

キャッシュレスが世界的に進んでいることはわかります。事実でしょう。
でもそれとガムペイが、貯金してるだけで10%の毎日増益が可能であるということとは何もリンクしません。
キャッシュレスが進んだら銀行は儲かるのか?手数料とかでですか?ガムペイの前に銀行の金利が上がるでしょうそれなら。
それから数十年後にキャッシュレス化を理由に円の価値が下がるとありますが、なら世界の通貨もすべてが相対的に下がるはずです。
国家に価値を保証された円やドルが、国家の目論見として推し進めるキャッシュレスの影響でその価値を落とすというのは、あまりに暴論です。

http://aricoin.work/?p=1416

このGAM Payとかいうウォレット、ネットで検索しても一切情報が出てこないのですが、菅野けいさんが開発したウォレットであり今回初めて公開されたのでしょうか?
もしそうであるならば、そのような胡散臭いウォレット、これから日本を含む世界で普及して使われるようになると思いますか?
仮に普及したとしてもどういう流れで資金が増えるのか理由がわからないのは先程書いた通りなのですが、普及しないとなればそんないつ消えて無くなってしまうかわからないウォレットに資金を入れても危ないだけですね。

https://sanada-blog.com/2018/11/10/%E3%80%90gam-pay%E8%8F%85%E9%87%8E%E3%81%91%E3%81%84%E3%80%91%E8%A9%90%E6%AC%BA%E3%81%8B%EF%BC%9F%E5%84%84%E4%B8%87%E9%95%B7%E8%80%85%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E4%BA%8B%E3%81%8C%E4%B8%8D%E5%8F%AF/

おすすめできない商材であると判断しました。
ビジネスモデルがはっきりしていない
仮想通貨・ICOの危険性を読者に伝えていない
ということが挙げられます。

https://xn--18j3f788i1cp5tv.com/%E8%8F%85%E9%87%8E%E3%81%91%E3%81%84%E3%81%AEgam-pay/

登録をLINE@のみに絞っている無料オファー案件なので高額商品のセールスが掛かるのは確実です。
少なくとも、20万~30万程度の高額商品が登場する可能性が高いです。
場合によっては、投資系の案件なのでそれ以上の価格か、更なるバックエンド商品が出てくる可能性もあるのでその点にも注意した方が良いです。

https://leonx2525.blog.fc2.com/blog-entry-1008.html

まとめ

キャッシュレス決済ツールかと思いきや、調査の結果、現在のところ使える場所がないようですのでその時点で本案件はお奨めできません。

お金を入れておくだけで増えていくようなイメージで釣り、高額でツール販売をするのが実際の目的のようです。

しかも、稼ぐための仕組みがまったく見えてきません。

謳い文句が事実であれば、そのような画期的な技術は部分的にでも何らかの形でネット上に情報がリークされていてもおかしくないはずですが、実際には皆無です。

その不透明さはそのまま不信感につながっています。

どのような仕組みのツールかは不明ですが、いずれにしても10%の毎日増益が実現するということはまずないと思います。

キャッシュレス決済に代表されるフィンテック分野の話題がようやく日本でも徐々に一般認知され始めていることにかこつけ、ラクに稼げるイメージと抱き合わせることでツールを販売しているのでしょう。

当然ながらお奨めはできません。

本日のキーワード

キャッシュレスとは

キャッシュレスとは現金以外の方法で支払うこと。
キャッシュレスといっても、クレジットカード、交通系ICカード、流通系ICカード、タッチ型決済、QRコード決済というように、決済手段は多岐にわたります。
海外では、近距離無線通信規格の「NFC」を搭載したクレジットカードが広まっており、決済端末にかざすだけで支払いが完了するタッチ決済が主流となってきています。
キャッシュレスは、端的に言えば「お金を支払うときに現金以外の方法を使う」こと。クレジットカードで代金を支払う、交通系ICカードで電車に乗る、さらには税金や各種保険代を銀行口座からの引き落としにしている場合もキャッシュレスによる決済になります。私たちの生活には、以前からキャッシュレスによる決済方法が存在し、身近なところで活用されていることが分かります。

https://www.smbc-card.com/cashless/knowledge/article1.jsp

ということで、経済産業省も2025年までに紙幣・硬貨を使用しないキャッシュレス決済の利用率を40%台まで引き上げることを目標としており、消費税増税を気にあちこちでキャッシュレスを推進するPRも増えてきましたね。

(※内容によっては別記事で既出の場合もございますのでご了承ください)

相場に影響するかも?世間の出来事

<2019年3月のニュース>

4月に入れ替えダブル選=大阪知事・市長が辞職願提出

(※同時期の別記事で既出の場合もございますのでご了承ください)

金運アップで大儲け!?旬のラッキーワード!!

管理人宮下が趣味の占い(四柱推命、風水、その他)で不定期に読み解く、金運をアゲる3ワード!

ラッキーカラー:金色

ラッキーアイテム:くし

ラッキースポット:河川敷

(※永続的なものではなく時期によって変遷します)

タイトルとURLをコピーしました