マイニングエクスプレス カルロス・フジヤマ 検証レビュー

マイニングエクスプレス レビュー
マイニングエクスプレス
近年は、仮想通貨のマイニング(発掘)作業を、個人の代わりに組織的に工場等を持ってマイニングを行う企業が多数存在します。
本案件は、出資金額等に応じてマイニング利益が高配当で分配されるシステムとなっているようです。
その実態を見ていきましょう。
マイニングエクスプレス

マイニングエクスプレス

運営者情報

  • サービス名 マイニングエクスプレス
  • 運営会社 不明
  • 創業者 カルロス・フジヤマ
  • 本社所在地 不明
  • 公式サイト   https://mining-express.co.jp/

マイニングエクスプレスとは?

本案件について、今回のリサーチで分かった良くも悪くも特徴と言える部分は主に下記のようになります。
・月利8%~10%が堅実に稼げるマイニング案件と謳っている
・映像処理技術である「レンダリング」の事業にも投資をしている
・電気代が世界でも5番目に安いというウクライナにある
・創業者のカルロス・フジヤマ氏は、詐欺的な案件のオファーに関わっていたことがある
・カルロス・フジヤマ氏が過去に関わった案件の悪評が非常に多い
・所謂ステマサイトが多数存在する
…どうでしょうか。
月利だけ見るとかなりの高配当案件であることが分かります。
ただ、その他の要素を見ると、疑問符がつく部分がいくつかあります。
本案件の特徴を、より考察していきましょう。
マイニングエクスプレス

マイニングエクスプレス

マイニング事業について

端的に言えば、利用者はマイニングエクスプレスに投資することで、マイニング作業を代行してもらう事ができ、それによって発生した収益の一部を配当として受け取れる、という仕組み。
マイニングエクスプレス

マイニングエクスプレス

マイニングエクスプレス

マイニングエクスプレス

マイニング事業は、設備的に多くの電力を必要とする為、電気料金の安い海外に拠点を置いて実際のマイニング作業をしている業者が多いようです。
マイニングエクスプレス

マイニングエクスプレス

マーケティング手法について

マイニングエクスプレスが採用しているマーケティング手法はMLMであるため、マイニングエクスプレスを他者に紹介するたびに紹介報酬を受け取れる仕組みとなっています。
マイニングエクスプレス

マイニングエクスプレス

その為、マイニングによる利益配当の他、MLMによる紹介報酬で稼ぐこともできる形となっています。
マイニングエクスプレス

マイニングエクスプレス

EEXコインについて

マイニングエクスプレスの配当用に作成された仮想通貨のことで、マイニングエクスプレスありきで作成されているため、使途はマイニングエクスプレスに関連したサービスに限定されています。
マイニングエクスプレス

マイニングエクスプレス

それ故に、万が一、マイニングエクスプレスが破綻した場合には、一蓮托生で全く価値のないものになってしまうというリスクがあります。
ちなみにイーサリアムエクスプレス財団という団体が発行しており、あのイーサリアムとは一切関係はありません。
マイニングエクスプレス

マイニングエクスプレス

カルロス・フジヤマ氏について

本案件の創業者であるカルロス・フジヤマ氏について、もう少し調べてみました。
マイニングエクスプレス

マイニングエクスプレス

カルロス・フジヤマ氏は、過去の仮想通貨ビジネスで大成功した経歴が謳われているようですが、実際のところはちょっと違い、世界中で逮捕者が出た詐欺案件である「D9クラブ」のマーケティングに関わっていた人物であることが分かっており、「D9クラブ」を日本に持ち込んだとされている人物でもあります。
マイニングエクスプレス

マイニングエクスプレス

「D9クラブ」は日本でも多くの被害者を出したことは記憶に新しいところです。

日本における金融ライセンス

日本人を相手に金融商品の取引を行う場合、金融商品取引法上の登録が必要です。
しかし、マイニングエクスプレスは金融ライセンスを取得していない可能性があります。
仮にもし本当にそうだとすれば、要するに「無登録業者」ということになります。

まとめ

現状では不明点も多い為、否定も肯定もしませんが、個人的には推奨しません。
本案件を危険視する人々がいる一方、肯定し、参加者を募り紹介し続けている人々もいます。
本案件を肯定する人の中には、2年以上も配当が支払われ続けていることを理由に挙げている人もいますが、本案件がもしもポンジスキーム案件であった場合には、これまでの配当実績やその期間はあまり関係ありません。
何故なら、ポンジスキームとはそういうものだからです。
集めた資金から配当金を出す自転車操業を繰り返し、あるタイミングを見計らって破綻する、というのがポンジスキームの王道パターンかと思いますが、もちろん本案件がそうはならないことを願っています。
本案件について、個人的に最も信用ならない点は、創業者の経歴です。
創業者であるカルロス・フジヤマ氏は、悪名高いポンジスキーム詐欺案件であった「D9クラブ」を日本に持ち込んだ人物とされています。
少し調べただけでも「D9クラブ」で被害に遭った方の中には、それが元で周囲との人間関係が破綻したり、事業が立ち行かなくなったり、生活に困窮した人々もたくさんいたことが分かります。
そんな案件に関わっていた人物が起ち上げたプロジェクトを、怪訝に思うのは筆者だけでしょうか。
本案件は当初、アルトコインをマイニングしビットコインに両替したものを配当するとしていたものの、突如として、独自通貨のEEX(イーサリアムエクスプレス)を配当することになりました。
また、EEXが上場していたCoinsbitが、突然EEXの上場廃止を決定。
今後数年かけてEEXコインの価格を上昇させていくという旨の発言がカルロス氏からあったようですが、価格は停滞したまま。
といったように、懸念が現実のものとなっていくかのように、良くない傾向にあることが見て取れます。
「D9クラブ」の二の舞にならないことを願っております。

結局、稼げるの?稼げないの?

紹介報酬の件は別として、EEXの価格が今後上昇するのは難しいと思われることから、少なくとも当初の謳い文句からイメージさせられるようには稼げないでしょう。
残念なことに昨今は、こういったオファーの大半は誇大広告・オーバートークであると言っても過言ではなく、かけた費用に対して望んだ結果が伴わないものや中身のないものが非常に多いです。
しかも、そのほとんどが無料ないし低料金を装っておきながら実際は高額塾や高額バックエンドのあるものですので、大切なお金と時間を無駄に減らさないよう注意が必要です。
巷にあふれるこういったオファーは稼げないものが大半ではありますが、ではお金を稼げる方法やノウハウは全く存在しないのかというと、そうではありません。
ごくごくわずか(本当に少ないですが…)ながら、中にはしっかりと稼げる手法・稼げるノウハウ・稼げる案件というのも世の中にはたまにあるのです。
稼げないものに振り回されるのではなく、本当に稼げるものや本当に稼げる手法で稼ぐためのお手伝いができればと思っています。

(参考)本日のキーワード

MLM(マルチレベルマーケティング)とは

商品の購入者を「販売員(ディストリビューター)」として起用し、その販売員は、さらに別の人を販売員として起用することができる。
このように、購入者を構成員として「多階層の販売員組織」を形成しながら、商品の販売活動をおこなっていくことを「MLM(マルチレベルマーケティング)」といいます。
販売員は、商品の売上額が多ければ多いほど報酬をたくさん貰うことができ、さらに下の階層の人(紹介した人)の売上額からも報酬をもらうことができます。
なので、販売員(ディストリビューター)となった人は、必死で勧誘活動をするわけですね。
https://viral-community.com/starting-side-business/mlm-4024/

というわけで組織の構造上、ピラミットの上側にいる人は、下方の人が増えれば増えるほど収入が上がる仕組みである為、強引な勧誘もしばしば発生するようです。
(※内容によっては別記事で既出の場合もございますのでご了承ください)
タイトルとURLをコピーしました