Play to Earn(プレイトゥーアーン) 合同会社アドバンス 塚原健太 江藤早苗 検証レビュー

Play to Earn(プレイトゥーアーン) その他
Play to Earn(プレイトゥーアーン)
Play easy(プレイジー)という遊べば遊ぶほど簡単に毎日最低1万円が増える資産運用アプリを提供しているそうです。
実際はどのようなものなのでしょうか。
Play to Earn(プレイトゥーアーン)

Play to Earn(プレイトゥーアーン)

特定商取引法に基づく表記

商材名 Play to Earn(プレイトゥーアーン)
販売事業者の名称 合同会社アドバンス
販売責任者 塚原健太
所在地 東京都品川区西五反田8丁目2番5号
電話番号 080-7562-0854
E-mail play.to.earn.staff@gmail.com
販売URL 不明

Play to Earn(プレイトゥーアーン)とは?

本案件について、今回のリサーチで分かった良くも悪くも特徴と言える部分は主に下記のようになります。
・遊べば遊ぶほど簡単に毎日最低1万円が増える資産運用アプリを提供していると記載している
・「毎日最低1万円の収入」と謳っている
・「無料提供」と謳っている
・アプリをダウンロードし通知が来たタイミングでタップするだけとのこと
・期間限定で投資金10万円プレゼントとのこと
…どうでしょうか。
資産運用アプリを用いるということなので、投資系の案件かと思われますが、ビジネスモデルが不明です。
なぜ、遊べば遊ぶほど簡単に毎日最低1万円が増えるのかが一切謎です。

3つのステップ

Play to Earn(プレイトゥーアーン)は、3つのステップで進めていくようです。
Play to Earn(プレイトゥーアーン)

Play to Earn(プレイトゥーアーン)

登録の流れ

ランディングページ内からLINEへの登録誘導があります
↓LINE登録するとメッセージが届きます
※江藤早苗氏からメッセージが届き動画視聴に誘導されます※

資産運用アプリPlay easy(プレイジー)について

「遊べば遊ぶほど簡単に毎日最低1万円が増える資産運用アプリ」という謳い文句でしたので、当初は所謂ゲームアプリのようなものを想像していました。
しかし、実際は気軽に遊ぶようなイメージのものとは異なり、トレードツールのような趣のもののようです。
Play to Earn(プレイトゥーアーン)

Play to Earn(プレイトゥーアーン)

しかも、動画視聴後に使用できるようになるのは所謂デモ的なページで、画面上の利益が増えているかのような体験はできますが、出金はできないというパターンです。

必ず稼げるわけではない

ランディングページでは
成果を100%保証するものではありません
という記載がありましたので、参加したからといって必ずしも稼げるというわけではないようです。
Play to Earn(プレイトゥーアーン)

Play to Earn(プレイトゥーアーン)

「毎日最低1万円が増える」という文言はなんだったのでしょう…。
Play to Earn(プレイトゥーアーン)

Play to Earn(プレイトゥーアーン)

江藤早苗氏について

Play to Earn(プレイトゥーアーン)の”運営者”とされている 江藤早苗氏について、もう少し調べてみました。
しかし、現段階ではこれといって特に情報は見つからず、良い評判も悪い評判もありませんでした。
本案件の為に起ち上げられた架空キャラに過ぎないのかもしれません。
Play to Earn(プレイトゥーアーン)

Play to Earn(プレイトゥーアーン)

口コミについて

一般検索においては「稼げた」というリアルな口コミを発見することはできませんでした。

まとめ

お奨めできません。
LINE登録をして進んでいくと、動画視聴を促され、更に、体験版のようなデモ版サイトの利用を促されます。
実際に登録してみると、よくある無料モニター版のような雰囲気で、トレードすることで所謂“簡単に稼げた”という感覚の成功体験ができるようになっているようです。
とはいえ、口コミを探してみても、デモで実際に現金を稼げたという体験談を見つけることはできませんでした。
また、運営会社に関する情報を見ても、連絡先が携帯電話番号だったり等、その実態には疑問点も多く、信頼性に欠ける印象でした。
何より、無料モニター版でだけは稼げるというやり方は、これまでも多数の稼げない副業案件で見られた手法です。
結局のところデモ版以上のトレードをする為に「プレイイージーマスターズ」という有料コミュニティへ誘導されるのですが、参加に必要な金額は98000円(税込)です。
決して安い金額ではないにもかかわらず、実際に稼げたという口コミは今のところ見当たりませんでした。
副業を始めようとする人が増えている現在の世間の流れにつけこむように、こういった案件が増えているので注意が必要です。

結局、稼げるの?稼げないの?

稼げません。
少なくとも、当初の謳い文句からイメージさせられるようには稼げません。
残念なことに昨今は、こういったオファーの大半は誇大広告・オーバートークであると言っても過言ではなく、かけた費用に対して望んだ結果が伴わないものや中身のないものが非常に多いです。
しかも、そのほとんどが無料ないし低料金を装っておきながら実際は高額塾や高額バックエンドのあるものですので、大切なお金と時間を無駄に減らさないよう注意が必要です。
巷にあふれるこういったオファーは稼げないものが大半ではありますが、ではお金を稼げる方法やノウハウは全く存在しないのかというと、そうではありません。
ごくごくわずか(本当に少ないですが…)ながら、中にはしっかりと稼げる手法・稼げるノウハウ・稼げる案件というのも世の中にはたまにあるのです。
稼げないものに振り回されるのではなく、本当に稼げるものや本当に稼げる手法で稼ぐためのお手伝いができればと思っています。

(参考)本日のキーワード

プロダクトローンチとは

プロダクトローンチとは、現在ネットビジネスで使われている手法の中で、最も大きな成果を生み出せる手法だと言われています。
近年では、セールスレターに盛り込まれている要素を「輪切りに(分割)」して、ステップメールで小出しにしてユーザーを教育していく手法が主流になっています。
セールスレターのようにいきなり売り込みはかけずに、時間をかけて見込み客を教育して、成約率を極限まで高めていく。
購買意欲が最大限まで高まったタイミングで、見込み客に対してクロージングをする。
これがプロダクトローンチの基本的な考え方になっています。
https://affiliate-jpn.com/archives/6614

というわけで、近年の情報商材案件で用いられることが多いため、あまりよいイメージはないかもしれませんが、本来は正しく用いれば効果的な手法です。
(※内容によっては別記事で既出の場合もございますのでご了承ください)
タイトルとURLをコピーしました