WorksLabo(ワークスラボ) 株式会社アクセル 岡崎寛至 渡辺正行 検証レビュー

WorksLabo(ワークスラボ) FX系
WorksLabo(ワークスラボ)
スマホやパソコンがATM化するという副業案件のようです。
仕組みがよく分かりませんが、実際はどのようなものなのでしょうか。
WorksLabo(ワークスラボ)

WorksLabo(ワークスラボ)

特定商取引法に基づく表記

  • 商材名 WorksLabo(ワークスラボ)
  • 販売事業者の名称 株式会社アクセル
  • 販売責任者 岡崎 寛至
  • 所在地 神奈川県横浜市西区楠町1-3 BLA横浜西口2階
  • 電話番号 050-3000-0430
  • E-mail info@workslabo.com
  • 販売URL 不明

WorksLabo(ワークスラボ)とは?

本案件について、今回のリサーチで分かった良くも悪くも特徴と言える部分は主に下記のようになります。
・あなたのスマホやパソコンがATMにと記載している
・「定価698000円のシステムが無料」と謳っている
・「スマホやパソコンをチェックして利益を確認するだけ」と謳っている
・永久に無料で利用できるとのこと
・「働かない働き方」とのこと
・期間限定公開先着定員50名までとのこと
…どうでしょうか。
サービスの根本的な仕組みもビジネスモデルも現段階では全く不明です。
なぜ、どのようにしてスマホやパソコンをATM化させられるのかが一切謎です。
WorksLabo(ワークスラボ)

WorksLabo(ワークスラボ)

登録の流れ

まずはメールアドレスの登録が必要となります
WorksLabo(ワークスラボ)

WorksLabo(ワークスラボ)

ランディングページ内からLINEへの登録誘導があります
WorksLabo(ワークスラボ)

WorksLabo(ワークスラボ)

WorksLabo(ワークスラボ)

WorksLabo(ワークスラボ)

↓LINE登録するとメッセージが届く
WorksLabo(ワークスラボ)

WorksLabo(ワークスラボ)

結局、無料ではない

ランディングページの内容から、永久無料であるかのような印象を受ける本案件ですが、動画を進めていくと、クローズドサイト(有料会員制サイト)が存在することが明らかになります。
「月額2万円の上流サイト情報」という記載があるので、少なくとも月額2万円という費用はかかるようです。
また、それ以外でも高額バックエンドや高額塾が控えている可能性もあります。
WorksLabo(ワークスラボ)

WorksLabo(ワークスラボ)

渡辺正行氏について

動画内で何度か【Gravity】というワードが出てきますが、このGravityというシステムが本案件WorksLaboの核となっているようです。
そのGravityの開発指導者であり、コミュニティWorks Laboの発足者でもあるのが渡辺正行氏とのことです。
WorksLabo(ワークスラボ)

WorksLabo(ワークスラボ)

第1話スペシャルプレゼントについて

紹介動画の第1話では、「第1話スペシャルプレゼント」として、アンケートに答えればプレゼントキャンペーンの抽選に参加できるといった告知があります。
WorksLabo(ワークスラボ)

WorksLabo(ワークスラボ)

賞品はiPhone12Proやカタログギフト等となっておりますが、一般検索においては「第1話スペシャルプレゼントに当選した」というリアルな口コミを発見することはできませんでした。

口コミについて

一般検索においては「稼げた」というリアルな口コミを発見することはできませんでした。
中には「詐欺まがい」という口コミも見られ、評判はあまり穏やかとは言えません。

まとめ

お奨めできません。
不明点が多すぎる、これに尽きます。
特定商取引法に基づく表記部分の「投資に係るリスク」の記載内容等の断片から判断する限りでは、Works LaboはFXの自動売買ツール又はFX関連の高額塾である可能性が高いのですが、だとすると、ビジネスモデルは投資ということになりますので、当然ながらある程度の投資費用(資金)が必要になりますし、常勝し続けるとも限りません。
いくら自動売買ツールだとしても、ヘタに設定をいじくればあっという間にロスカットされてしまうリスクだってあるのです。
また、「期間限定公開先着定員50名まで」という記載がありましたので、定員に漏れたとして基本的には有料になると思っていたほうがよいでしょう。
また、その価格も高額であるという可能性もあります。
いずれにしても、運営者情報も含め不明点が多すぎることや、本案件を利用して実際にスマホやパソコンがATM化したという口コミが見当たらなかったことを踏まえ、お奨めいたしません。

結局、稼げるの?稼げないの?

稼げません。
少なくとも、当初の謳い文句からイメージさせられるようには稼げません。
残念なことに昨今は、こういったオファーの大半は誇大広告・オーバートークであると言っても過言ではなく、かけた費用に対して望んだ結果が伴わないものや中身のないものが非常に多いです。
しかも、そのほとんどが無料ないし低料金を装っておきながら実際は高額塾や高額バックエンドのあるものですので、大切なお金と時間を無駄に減らさないよう注意が必要です。
巷にあふれるこういったオファーは稼げないものが大半ではありますが、ではお金を稼げる方法やノウハウは全く存在しないのかというと、そうではありません。
ごくごくわずか(本当に少ないですが…)ながら、中にはしっかりと稼げる手法・稼げるノウハウ・稼げる案件というのも世の中にはたまにあるのです。
稼げないものに振り回されるのではなく、本当に稼げるものや本当に稼げる手法で稼ぐためのお手伝いができればと思っています。

(参考)本日のキーワード

プロダクトローンチとは

プロダクトローンチとは、現在ネットビジネスで使われている手法の中で、最も大きな成果を生み出せる手法だと言われています。
近年では、セールスレターに盛り込まれている要素を「輪切りに(分割)」して、ステップメールで小出しにしてユーザーを教育していく手法が主流になっています。
セールスレターのようにいきなり売り込みはかけずに、時間をかけて見込み客を教育して、成約率を極限まで高めていく。
購買意欲が最大限まで高まったタイミングで、見込み客に対してクロージングをする。
これがプロダクトローンチの基本的な考え方になっています。
https://affiliate-jpn.com/archives/6614

というわけで、近年の情報商材案件で用いられることが多いため、あまりよいイメージはないかもしれませんが、本来は正しく用いれば効果的な手法です。
(※内容によっては別記事で既出の場合もございますのでご了承ください)
タイトルとURLをコピーしました