アラジンシステム ノア 検証レビュー

アラジンシステム FX系
アラジンシステム
ほったらかしていても月利10-20%で資金運用をしてくれる投資ツールだそうです。
事実であれば、FXのEAとしては優秀な数値かと思いますが、実際はどのようなものなのでしょうか。
アラジンシステム

アラジンシステム

特定商取引法に基づく表記

  • 商材名 アラジンシステム
  • 販売事業者の名称 不明
  • 販売責任者 不明
  • 所在地 16/1 Bligh St, Sydney NSW 2000Australia.
  • 電話番号 不明
  • E-mail support@cxcmarkets.com
  • 販売URL 不明

アラジンシステムとは?

本案件について、今回のリサーチで分かった良くも悪くも特徴と言える部分は主に下記のようになります。
・ほったらかしで平均月利は10~20%と記載している
・「ロット数の設定、損切り、自動売買のオンオフ、すべて任せっきりで大丈夫」と謳っている
・「ノアからの紹介者 先着100名無料」と謳っている
・運用方法は「MAM」と呼ばれるシステムとのこと
・使用証券会社はCXC(A-book)とのこと
・特定商取引法に基づく表記が不充分
…どうでしょうか。
端的に言えばFXの自動売買ツールのようですが、FXは一般的な副業よいうよりあくまでも投資ですので、必ずしも勝ち続けられるわけではないのは言うまでもありません。
それを考えると、些か謳い文句が誇大ぎみな気がします。
「ノア」という人物のLINE友達登録をすることが必須のようです。

MAMシステムとは?

MAMとはMulti Account Managerを略称したものだそうです。MAMはマネージドアカウントと呼ばれる運用手法を採用しており、ツールだけに頼るのではなく、自分の資金をプロのトレーダーにも託し運用してもらう取引方法なのだそうです。
アラジンシステム

アラジンシステム

ちなみにノア氏はMAMについて「簡単に言うとコピートレードですね。トレーダーが取引を行い、その動きと全く同じ取引を口座に反映させるというものです。」といった説明をしています。

実績について

稼働実績について、いくつかのスクリーンショット画像が公開されていました。
アラジンシステム

アラジンシステム

しかし、隠されている部分が多すぎて、実績の判断材料としては些か信憑性に欠けます。

証券会社CXCとは

本案件で使用する証券会社であるとして記載されているCXCとはどのような会社なのでしょうか。
調べたところ
・過去に出金拒否事例あり
・金融ライセンスなし
・所在地が不明
という情報が多数散見された為、どう控え目に言っても怪しいと言わざるを得ません。
アラジンシステム

アラジンシステム

ノア氏について

アラジンシステム参加の必須条件と言える友達登録が必要となるノア氏について、もう少し調べてみました。
アラジンシステム

アラジンシステム

すると、「アルドノアシステム」という過去案件が非常に悪評が多く、炎上した過去が明らかになった為、ノア氏が関わる本案件も注意をしたほうがよいのかもしれません。

登録の流れ

ランディングページ内からLINEへの登録誘導があります
アラジンシステム

アラジンシステム

↓LINE登録すると下記のようなメッセージが届く
—————————–
友だち追加ありがとうございます
ノアです!
15秒で終わる
下記のアンケートに答えて
早速【友達追加特典】
を受け取ってください!
━━━━━━━━━━━
【友達追加特典】
①投資の基礎講座マニュアル
(分散投資の考え方)
②無料自動売買システム
※追加でお金を請求することは
一切ございませんのご安心ください!
━━━━━━━━━━━
記事にも記載がありますが、
ツール転売防止等の理由もあり、
ツールは紐づいた口座でのみ作動する仕様になります。
その為、こちらから指定したURLから
口座を新たに開設してもらう必要があります。
※証券会社はXMTradingです。
日本で一番利用者の多い会社ですので、安心してご利用ください。
既にお持ちの場合は
追加口座開設となります。
面倒かとおもいますが、
ご理解頂けますよう
よろしくお願いいたします。
—————————–
ちなみに。ランディングページ内では使用証券会社はCXCと記載されていたのに、LINEのメッセージではXMTradingとなっています。
この後、いくつかのアンケートに答えると紛らわしいことに別案件のシステムが送られてきたりしながら、LINEのメニューのアラジンMAM申請はココというボタンをようやくタップすると、【公式】ALADDINシステムというLINEアカウントへと誘導されますので、そちらも登録をしなければならないようです。
アラジンシステム

アラジンシステム

進めると、参加は無料だが成功報酬として利益の30%を口座から自動で引き落としされることや、出金ペースが3ヶ月に一度(!)ということ、最低証拠金は20万円であり推奨証拠金は50万円以上ということ等が説明されます。

まとめ

お奨めできません。
3ヶ月に一度しか出金できないのに、利益の30%は取られてしまうということは、ケースによっては資金がショートする可能性もあります。
また何より、過去に出金拒否があった事実のある証券会社(CXC)を使用していることや、ノア氏が関わってきた過去案件の悪評の多さから、信頼性がありません。
その辺りはさすがに多少気にしているのか分かりませんが、ランディングページではなくLINEのメッセージ上では、使用証券会社がXMTradingになっているので、もしかしたら実際の使用証券会社はXMTradingなのかもしれませんが。
証券会社がXMTradingであればCXCのような問題はないものの、いずれにしても本案件のトレード報酬や出金可能ペース等の面を鑑みれば、やはりあまり良い内容とは思えません。
実際に謳い文句のように稼げたという口コミは今のところ見当たりませんが、ノア氏の過去案件を引き合いに出して注意喚起する口コミ等、どちらかといえばネガティヴなものがほとんどでした。
そこそこな額の初期資金が必要なことを考えると、企業情報に不明点が多すぎる本案件にに参加しようという気にはなれません。

結局、稼げるの?稼げないの?

稼げません。
少なくとも、当初の謳い文句からイメージさせられるようには稼げません。
残念なことに昨今は、こういったオファーの大半は誇大広告・オーバートークであると言っても過言ではなく、かけた費用に対して望んだ結果が伴わないものや中身のないものが非常に多いです。
しかも、そのほとんどが無料ないし低料金を装っておきながら実際は高額塾や高額バックエンドのあるものですので、大切なお金と時間を無駄に減らさないよう注意が必要です。
巷にあふれるこういったオファーは稼げないものが大半ではありますが、ではお金を稼げる方法やノウハウは全く存在しないのかというと、そうではありません。
ごくごくわずか(本当に少ないですが…)ながら、中にはしっかりと稼げる手法・稼げるノウハウ・稼げる案件というのも世の中にはたまにあるのです。
稼げないものに振り回されるのではなく、本当に稼げるものや本当に稼げる手法で稼ぐためのお手伝いができればと思っています。

(参考)本日のキーワード

コピートレードとは

コピートレードとは、簡単に言うと他人のトレード(取引)を真似して自身の口座でも同じトレードを実行するFXの取引手法の一つです。自分で売り買いの判断をする裁量取引と、売り買いのタイミングをプログラム化し自動的に売買するシステムトレードに次ぐ第3の取引手法です。海外ではすでに一般的になりつつある取引手法で、ソーシャルトレードとも言われています。
https://wakky-fx.com/copytrade-merit-demerit/

 

というわけで、自分自身で取引するスキルや知識が不足している場合にはコピートレードも一つの有効な手段だと思います。
(※内容によっては別記事で既出の場合もございますのでご了承ください)
タイトルとURLをコピーしました