アセットフォーメーションシステム(AFS) 株式会社アドバンス 鈴木健二 織田慶 検証レビュー

アセットフォーメーションシステム(AFS) その他
アセットフォーメーションシステム(AFS)
1000円を1年後に2000万円に増やすシステムだそうです。
本当であればものすごい収益率ですが、実際はどのようなものなのでしょうか。
その実態を見ていきましょう。
アセットフォーメーションシステム(AFS)

アセットフォーメーションシステム(AFS)

特定商取引法に基づく表記

  • 商材名 アセットフォーメーションシステム(AFS)
  • 販売事業者の名称 株式会社アドバンス
  • 販売責任者 鈴木 健二
  • 所在地 大阪市中央区南船場2丁目10-28 下村ビル5F
  • 電話番号 070-4473-5295
  • E-mail info@afs-system.com
  • 販売URL https://afs-system.com/lp/tokdx3/index.php

アセットフォーメーションシステム(AFS)とは?

本案件について、今回のリサーチで分かった良くも悪くも特徴と言える部分は主に下記のようになります。
・1,000円を1年後に2000万円に増やすと記載している
・「利回り2000%」と謳っている
・「スキルや知識は必要なし」と謳っている
・3時間で50000円を100万円以上にしたことがあるとのこと
・「詐欺」や「嘘」等の悪評が多い
・ビジネスモデルはバイナリーオプションらしい
…どうでしょうか。
YouTubeの動画広告等では「操作は1クリックだけ」と語っていることから、アセットフォーメーションシステム(AFS)はバイナリーオプションの売買ツールかと思われます。
一見、とてつもないシステムに思えますが、悪評が非常に多いのが気になります。
アセットフォーメーションシステム(AFS)

アセットフォーメーションシステム(AFS)

アセットフォーメーションシステム(AFS)

アセットフォーメーションシステム(AFS)

織田慶氏について

本案件についてYouTubeの動画広告等で目にしたことがある人も多いかと思います。
動画内で、開発者として自ら登場し説明しているのが織田慶氏です。
織田慶氏について、少し調べてみたところ、真偽の程はまだ分かりませんが、「詐欺」という論評や口コミがほとんどでした。
実際に儲かったという人の口コミがあれば、一番信用面で寄与すると思うのですが、今のところ残念ながら儲かったという人の口コミをランディングページ内や動画内以外で発見することはできませんでした。
アセットフォーメーションシステム(AFS)

アセットフォーメーションシステム(AFS)

株式会社アドバンスについて

本案件の販売会社は「株式会社アドバンス」となっています。
調査してみたところ、株式会社アドバンスは、これまでにも本案件に似たような情報商材を複数販売していた会社であることが分かりました。
それらの案件も、所謂「ラクに短期間で大きく儲ける」といった特徴を売りにしていたものがほとんどです。
また、販売者として名前のある鈴木健二氏についても、検索すると「詐欺師」等といったワードが出てきます。

無料オファーではない

特に「無料」と大々的に謳っているわけでもないので、あらためて注意喚起するまでもないことかもしれませんが、一応述べておくと本案件は有料オファーです。

アセットフォーメーションシステム(AFS)

アセットフォーメーションシステム(AFS)

アセットフォーメーションシステム(AFS)

アセットフォーメーションシステム(AFS)

厳しい返金保証条件

本案件には「目標利益30万円に達しなかった場合、全額返金」という返金保証制度があります。
問題は、その条件です。
・PR時は1000円からできるような雰囲気で語っていたが、返金条件の最低投資金額は10000円以上であること
・月トータル100回以上のトレードが必要、つまり平均すれば1日5回以上のトレード
動画内の謳い文句から「1000円から簡単にできそうだ」と勘違いする人は非常に多いと思うので、この返金保証条件はちょっとどうなんだろうと思います。

「稼げた」という口コミについて

ランディングページには実際に稼げたとおぼしきユーザーのコメントが掲載されているのですが、通常のネット検索で探しても、稼げたという口コミが見つかりませんでした。
単に見つけられなかっただけなのか、タイミング的なものなのかは分かりませんが、いずれにせよ、ランディングページに掲載されている口コミだけで参加を検討するのは早計な気がします。
アセットフォーメーションシステム(AFS)

アセットフォーメーションシステム(AFS)

まとめ

お奨めできません。
運営会社によるこれまでの類似案件の販売、誘引時の説明内容と比して非現実的な返金保証条件等、ちょっとまともな案件とは思えません。
本案件をYouTubeの動画広告で知った人も多いと思いますが、YouTubeの動画広告等で実際に顔出しをしているからといって、信用度が高いわけでは決してありません。
近年、より一層審査が厳しくなっているテレビCMのケースに比べればですが、動画配信サイトの広告はまだまだ無法地帯と言ってもいいほどの黎明期にありますので、堂々と詐欺的案件の誘引を行っているYouTube広告も多数あります。
バイナリーオプションという、ある種ギャンブル性の高い投資法の売買ツールがアセットフォーメーションシステム(AFS)の実態かと思いますが、「利回り2000%」「1000円を1年後に2000万円に増やす」と豪語していた割りには、実際に儲かったというリアルな口コミが発見できません。
逆に、開発者として動画内に登場しプレゼンしている織田慶氏や、販売会社である株式会社アドバンスに関する悪評は多く見られます。
以上を総合的に判断すると、とてもお奨めすることはできません。
アセットフォーメーションシステム(AFS)

アセットフォーメーションシステム(AFS)

結局、稼げるの?稼げないの?

稼げません。
少なくとも、当初の謳い文句からイメージさせられるようには稼げません。
残念なことに昨今は、こういったオファーの大半は誇大広告・オーバートークであると言っても過言ではなく、かけた費用に対して望んだ結果が伴わないものや中身のないものが非常に多いです。
しかも、そのほとんどが無料ないし低料金を装っておきながら実際は高額塾や高額バックエンドのあるものですので、大切なお金と時間を無駄に減らさないよう注意が必要です。
巷にあふれるこういったオファーは稼げないものが大半ではありますが、ではお金を稼げる方法やノウハウは全く存在しないのかというと、そうではありません。
ごくごくわずか(本当に少ないですが…)ながら、中にはしっかりと稼げる手法・稼げるノウハウ・稼げる案件というのも世の中にはたまにあるのです。
稼げないものに振り回されるのではなく、本当に稼げるものや本当に稼げる手法で稼ぐためのお手伝いができればと思っています。

(参考)本日のキーワード

バイナリーオプションとは

「バイナリー(binary)」とは、「二進法」を意味します。つまり「0」か「1」かの二者択一。
その意味の通り、ある条件を「満たす」か「満たさない」かが投資対象となります。
為替レートを指標としたバイナリーオプションの場合、円安になると利益を得られる「チケット」か 円高になると利益が得られる「チケット」のいずれかを購入し結果が予測通りになれば 利益が払い出せるという仕組みです。
ということで、投資といってもその本質は限りなくギャンブルに近いと個人的には思っています。
(※内容によっては別記事で既出の場合もございますのでご了承ください)
タイトルとURLをコピーしました