スマ活 検証レビュー

スマ活 その他
スマ活
スマホ1台で日給平均4万円稼げる副業だそうです。
事実であれば実に高効率な副業ですが、実際はどのようなものなのでしょうか。

 

記載なし

 

スマ活とは?

本案件について、今回のリサーチで分かった良くも悪くも特徴と言える部分は主に下記のようになります。
・日給平均4万円と記載している
・「1日5分でOK」と謳っている
・「スマホ1台でできる」と謳っている
・高単価案件が多数とのこと
・スキル不要の簡単副業とのこと
・特定商取引法に基づく表記がない
…どうでしょうか。
特定商取引法に基づく表記の記載がない時点で信頼性には欠けます。
例によって、スマホ1台でどのようにして日給平均4万円を稼ぎ出すのかの具体的な仕組みが何一つ明かされていません。

登録の流れ

ランディングページ内からLINEへの登録誘導があります
スマ活

スマ活

↓LINE登録するとメッセージが届く
スマ活

スマ活

ネット上の評判・口コミについて

ランディングページ内には、現在の混迷した社会における副業の重要性を説くかのような画像がいくつか見られ、ある意味本案件に関する運営側の自信の程が伺えます。
スマ活

スマ活

しかし、一般検索においては「稼げた」というリアルな口コミを発見することはできませんでした。
それどころか、「詐欺」「危ない」等といった口コミも散見されます。

紹介される副業とは?

登録後は多数の案件の紹介メッセージが届くようです。
が、問題はその内容で、
・33億円ばらまき企画
・アプリをお試し操作で報酬
・LINE副業
・SNSでいいねしてサクッと稼ぐ
・アンケートに答えてGET
・動画視聴でお小遣いゲット
等、他にもいくつも送られてくる案件は、どれも軒並み悪評が多く、稼げないものばかりでした。

まとめ

お奨めできません。
これまでも特定商取引法に基づく表記がない案件で、まともな案件はほとんどありませんでしたが、残念ながら本案件についても同様です。
スマホ1台で日給平均4万円が簡単に手に入るという謳い文句のインパクトはあるものの、インパクトだけであり、実際は客寄せのための誇大表現です。
結論から言えば、ビジネスモデルや実績の提示は最後までないまま、怪しい別案件が紹介されるという、所謂オプトインアフィリエイトです。
LINE登録すると届くようになるメッセージについても、イマイチ現実感のないやりとりしかなく、稼げない別案件を雨あられのように多量に送り付けてきます。
昨今、ほぼ同じパターンの案件が腐るほどあり、副業紹介LINE等でよく誘引広告が流れてきます。
これらは謳い文句だけはインパクト抜群ですが、本当にラクに稼げるものはそうそうあるものではありません。
騙されないようにご注意ください。

結局、稼げるの?稼げないの?

稼げません。
少なくとも、当初の謳い文句からイメージさせられるようには稼げません。
残念なことに昨今は、こういったオファーの大半は誇大広告・オーバートークであると言っても過言ではなく、かけた費用に対して望んだ結果が伴わないものや中身のないものが非常に多いです。
しかも、そのほとんどが無料ないし低料金を装っておきながら実際は高額塾や高額バックエンドのあるものですので、大切なお金と時間を無駄に減らさないよう注意が必要です。
巷にあふれるこういったオファーは稼げないものが大半ではありますが、ではお金を稼げる方法やノウハウは全く存在しないのかというと、そうではありません。
ごくごくわずか(本当に少ないですが…)ながら、中にはしっかりと稼げる手法・稼げるノウハウ・稼げる案件というのも世の中にはたまにあるのです。
稼げないものに振り回されるのではなく、本当に稼げるものや本当に稼げる手法で稼ぐためのお手伝いができればと思っています。

(参考)本日のキーワード

オプトインアフィリエイトとは

オプトインアフィリエイトとはその名の通り、「オプトイン登録を主体としたアフィリエイト手法」の事を指し、この場合の「オプトイン」とは以下を意味します。
メールマガジン(メルマガ)を送信する前に、事前に消費者に対して許可を得る事(またはその手続き)
一般的な意味での「アフィリエイト」は、有料の商品を紹介する事によってその売上の一部を成果報酬として受け取るビジネスですが、それに対してオプトインアフィリエイトは、
「他者のメルマガを紹介する事によって、その紹介報酬を受け取る」
という、(基本的には)「無料」のメルマガの紹介に対して、その成果報酬を受け取る事で稼ぐアフィリエイト手法です。
というわけで、近年は派手な謳い文句ばかりで中身のない案件で釣り、実際は他の案件への登録を促すことでアフィリエイト報酬を得るオプトインアフィリエイトに特化した案件も非常に増えています。
(※内容によっては別記事で既出の場合もございますのでご了承ください)
タイトルとURLをコピーしました