JENCO(ジェンコ) Jubilee Ace Limited トニージャクソン 玉井暁 検証レビュー

jenco レビュー
jenco
今回は通常レビューではありません。
月利10%前後の高配当という謳い文句により、多数の参加者が投資した案件ですが、現在も出金停止が続いているようです。
今回は、人気の案件に一体何があったのかを見ていきましょう。
jenco

jenco

特定商取引法に基づく表記

  • サービス名 JENCO(ジェンコ)
  • 販売事業者の名称 Jubilee Ace Limited
  • 販売責任者 トニージャクソン
  • 所在地 Sea Meadow House,Blackburne Highway,(P.O.Box 116),Road Town,Tortola British Virgin Islands
  • 電話番号 +1(914)315-7227
  • E-mail 不明
jenco

jenco

JENCO(ジェンコ)とは?

本案件について、今回のリサーチで分かった良くも悪くも特徴と言える部分は主に下記のようになります。
・アービトラージ利益は月間最大20%と記載されていた
・「完全自動ハイブリッドアービトラージ運用」と謳っていた
・「人口知能による完全自動処理」と謳っていた
・ドバイのコンベンションへの招待
・金融機関を必要としない分散型運用方法とのこと
・特定商取引法に基づく表記が不完全
…どうでしょうか。
技術的に強みのある(ように見える)特徴であった為、多数の投資家が参入したようです。
最低投資金額は1万ドル(約100万円)ですが、一般的に海外案件では、より高額な案件も普通にあることから、金額帯自体は珍しいものではなかったので、何口も投資した投資家も多数いたことが口コミから見てとれます。
jenco

jenco

jenco

jenco

出金停止について

2020年9月頃にシステム障害がアナウンスされるようになり、その辺りから出金ができなくなっていったという情報が多く見られました。
そして2020年11月、全てのサービスが停止となったようです。
jenco

jenco

当初は一時的な事業停止であるというアナウンスであったようですが、結論から言えば2021年現在も出金はできていない(内部ウォレットへの移動のみ可能)ようですので、SNS等では「ポンジスキームだったのではないか?」等、JENCOに対する批判的な口コミが多数見られます。

アクアウォレットとは

jenco

jenco

アクアウォレットとは

アクアウォレットって何かというと、仮想通貨を保管できるネット上の財布です。
今のところアクアナイト(AQN)などの仮想通貨を管理する役割を持っています。
重要なポイントは、ジュビリーエースやジェンコから仮想通貨を出金する際は必ずアクアナイトを経由する必要がある点です。
ジュビリーエースやジェンコの利用者には必須のツールと言えるでしょう。
https://tsukahikaku.com/wallets/aqua-wallet/

とはいえ、ジェンコのバックオフィスからアクアウォレットにアクアナイトを出金できる量が予め決まっており、2021年5月までに1度の出金に最大5%のアクアナイトしか出金できないようです。

まとめ

現在既に出金停止中の案件である為、お奨めできない案件であることはもちろんなのですが、本案件の概要についてあらためて把握することで、今後、もしも似たケースや似た案件に遭遇した場合には、リスクを回避する判断の一助となれば幸いです。
本案件が本当にポンジスキーム、所謂詐欺案件であったのかどうか、いまだ決定的な動きの見えない現在では正直分かりません。
しかし、ほとんどの参加者が出金できていないという事象だけは事実であり、こうなった結果には必ず原因があるはずです。
元々、コモディティ・株式投資・FXの3つで自動アービトラージが行えるというシステムへの投資案件であったかと思いますが、運営元の信用性、関わっている主要人物の信頼性、高配当であることに対する心から納得する理由付けがあったか等、これまでの構成要素に、少しでも合点のいかない点はなかったかどうか。
また、MLMの形態であった場合、自分自身だけの問題ではなかったりもしますので、本案件の問題は根深いと思います。
もちろん、完全に出金可能となって再び正常化することが理想かとは思いますが、そうはならない可能性も高いことを踏まえて、冷静にしっかりと動向を見ていく必要があるでしょう。

(参考)本日のキーワード その1

アービトラージとは

アービトラージとは、「裁定取引」という意味です。
同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。
機関投資家などが、リスクを低くしながら利ざやを稼ぐ際に利用する手法。
https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/sa/J0288.html

ということで、大きなアービトラージ利益を期待させる案件には、リスクの有無等しっかりとしたリサーチが必要です。
(※内容によっては別記事で既出の場合もございますのでご了承ください)

(参考)本日のキーワード その2

ポンジスキームとは

金融詐欺の一種で「出資を募り、運用益を配当金として支払う」と言って資金を集め、実際の運用はなく、新しい出資者からの出資金を配当金として支払いながら、破綻することを前提にお金を騙し取る手法。
https://fliteracy.jp/column-10.htm

ということで、ポンジスキーム自体は昔から使い古されてきた手法です。しかし、現代においてもポンジスキーム案件が後を絶ちません。
(※内容によっては別記事で既出の場合もございますのでご了承ください)
タイトルとURLをコピーしました