Yahoo!BIT 検証レビュー(注意喚起)

Yahoo!BIT レビュー
Yahoo!BIT
トップレベルのデジタル仮想通貨取引プラットフォームとのことです。
一見、Yahoo!の関連企業かと誤認しそうになりますが、実際はどのようなものなのでしょうか。
Yahoo!BIT

Yahoo!BIT

サイト情報

  • サイト名 Yahoo!BIT
  • 販売責任者・運営会社 不明
  • 所在地 不明
  • 電話番号 不明
  • E-mail yang2002808@gmail.com
  • URL http://www.yahoobit0.com/Home#/

Yahoo!BITとは?

本案件について、今回のリサーチで分かった良くも悪くも特徴と言える部分は主に下記のようになります。
・トップレベルのデジタル仮想通貨取引プラットフォームと記載している
・深い研究開発能力とインターネット製品運営の豊富な経験を備えているとのこと
・ビットコイン、ライトコイン、イーサリアムなどのデジタル資産およびデリバティブのトレードサービスを提供しているとのこと
・”悪さしない “との基本原則に従っているとのこと
・企業情報の詳細ページがない
…どうでしょうか。
サイト内では「世界的に有名なデジタル資産取引プラットフォームの1つ」と自己紹介しているようです。
しかし、世界的に有名という割には不明点が多く、今のところ得体の知れないサイトという感が否めません。

扱う仮想通貨

ビットコインやイーサリアムなどのメジャーなデジタル資産は取り扱っているようです。
現在のところ安全性が未確認の為、それ以上の検証はできておりませんが、表記からは他にも複数種の仮想通貨取引に対応しているようです。

Yahoo!の関連企業?

一見、Yahoo!の関連企業又は仮想通貨関連を担う一部門のように見えなくもないですが、企業情報や資本関係を明らかにするページが公開されていない為、Yahoo!とは無関係とみて間違いないと思います。
よく見ると、ロゴマークも正規のYahoo!のものとは微妙にタッチが異なります。
Yahoo!とYahoo!JAPANのロゴをミックスさせたような雰囲気もあります。
Yahoo!BIT

Yahoo!BIT

Yahoo!BIT

Yahoo!BIT

Yahoo!BIT

Yahoo!BIT

日本語がちょっとヘン

WEBサイト上の日本語が、ところどころ不自然な部分があります。
翻訳アプリで翻訳したような雰囲気もあります。
Yahoo!BIT

Yahoo!BIT

サーバーが香港

複数存在するURLから調査した結果、URLの一つはサーバー所在地が香港でした。
Yahoo!の資本構成を考えると、やはりYahoo!の関連企業ではなく、中華圏の運営者によるサイトである可能性が濃厚です。
Yahoo!BIT

Yahoo!BIT

セールスポイント

サイト内には複数のセールスポイントがアピールされていました。
・金融級セキュリティ
…「全方位の金融リスク制御システムと盗難防止システム、ウォレット、マルチ署名システムを作成して資金安全を保証しています」とのこと
・高速入出金
…「お客様の最適な投資機会をミスしないように、24時間の手動オンライン監査で保護しています」とのこと
・グローバルサービス
…「ビジネスサービスは全世界まで広がり、世界中の暗号化資産に投資し、世界中のユーザと取引することができます」とのこと
・資産厳選
…「高品質の暗号化されたプロジェクトを厳選して、リスクの高いプロジェクトを100%フィルタリングします」とのこと
Yahoo!BIT

Yahoo!BIT

MLMで集客?

サイト内では「招待ルール」というものを説明するページがあり、内容を見た限りではMLMのようです。
Yahoo!BIT

Yahoo!BIT

口コミについて

今のところ、一般検索においては「稼げた」というリアルな口コミを発見することはできませんでした。

まとめ

現在のところ、お奨めできません。
名前にYahoo!という響きを含んでいる為、Yahoo!の関連企業かと勘違いする人もいるかもしれません(それが狙い?)が、Yahoo!の関連企業ではないようです。
ちなみにYahoo!自体も仮想通貨事業に参入しておりますが、既存の仮想通貨取引企業への資本参加・出資という形での参入となっております。
Yahoo!BITのサイトは日本語でも書かれていますが、違和感のある言い回しや、ちょっと意味不明な部分等もちらほらある為、個人的には正直言ってけっこう怪しいという印象を受けました。
また、サーバー情報が香港ということもあり、邪推すると、外国人が日本人をターゲットにして仕掛けたMLM案件という可能性もあります。
問題は、まっとうなものなのか、それとも詐欺的なものか、ということになるかと思いますが、Yahoo!の威光を借る手法を善しとしているのだとすれば、あまりマトモな企業ではない可能性も充分にある為、今のところ個人的にはお奨めいたしません。

(参考)本日のキーワード

MLM(マルチレベルマーケティング)とは

商品の購入者を「販売員(ディストリビューター)」として起用し、その販売員は、さらに別の人を販売員として起用することができる。
このように、購入者を構成員として「多階層の販売員組織」を形成しながら、商品の販売活動をおこなっていくことを「MLM(マルチレベルマーケティング)」といいます。
販売員は、商品の売上額が多ければ多いほど報酬をたくさん貰うことができ、さらに下の階層の人(紹介した人)の売上額からも報酬をもらうことができます。
なので、販売員(ディストリビューター)となった人は、必死で勧誘活動をするわけですね。
https://viral-community.com/starting-side-business/mlm-4024/

というわけで組織の構造上、ピラミットの上側にいる人は、下方の人が増えれば増えるほど収入が上がる仕組みである為、強引な勧誘もしばしば発生するようです。
(※内容によっては別記事で既出の場合もございますのでご了承ください)

 

タイトルとURLをコピーしました